引き続き延興寺窯を

本日も引き続き個展ならではの延興寺窯の器をご紹介いたします。

この展示会の直前に登り窯を焚かれ、当店に届いた器はまさに出来たてで。

Exif_JPEG_PICTURE

縁が赤褐色で内白の器を2種、一見同じように見えますよね。

左上の器、縁の赤褐色は土の色。

延興寺窯は地の土を使われていますが、まさにその土の色です。

Exif_JPEG_PICTURE

内側は白化粧の上に透明釉が、登り窯の中でも還元炎になる奥の窯で焼成をし全体が緑がかっています。

Exif_JPEG_PICTURE

1枚目の画像右下は内側には白釉を、縁は土の色と見せかけて褐色になるように釉薬を乗せています。

Exif_JPEG_PICTURE

同じ作り方のように見えるふたつの器、比べてみるとなかなか興味深いですよ。

Exif_JPEG_PICTURE

平らな楕円皿は何十年か振りに作られたようで、私もこの度初めて目にしました。

こちらの片口は上記製法のどちらかお分かりになりますでしょうか。

Exif_JPEG_PICTURE

登り窯の還元炎で焼かれた透明釉と同じです。

下部後方が深く黒に近い緑色になっているのですが、これは灰になった薪と反応した自然釉。

Exif_JPEG_PICTURE

自然釉の様子は個体差が大きいので是非実物を目にしていただければと思います。

透明釉の貫入もまた趣き深いですよね。

大物に目がいきがちな展示会ですが、小さな箸置きにも注目をしてください。

Exif_JPEG_PICTURE

仕上げに手間がかかるものの高く値が付けられないのが箸置き。

通常時はあまり販売をしていないので、こちらも是非この機会に。

ひとつ¥300です。

————————————————————————————————

ロク4周年記念企画展「とっとり物食」展

期間:2014年4月17日(木)〜27日(日)*水曜定休

この度の「とっとり物食展」ではエコバックを持参いただければ幸いです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

祇園祭後祭山鉾建て

早朝の新町通の様子です。

こちら大船鉾。 Details »

祇園祭前祭宵山

祇園祭に行っていた訳ではないのですが、たまたまその期間に夜の外出が重なって。

Details »

延興寺窯

山陰仕入旅、最後は延興寺窯へ。

延興寺とは鳥取は岩美町の土地の名前で、おおよそ工房から見える辺りがその地域。 Details »

元湯温泉

鳥取滞在の翌朝は元湯温泉で早朝風呂です。

Details »

営業時間変更のお知らせ

本日15日(月・祝)は17:30閉店となります。

毎月の営業についてはトップページにありますカレンダーをご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

更科

山陰仕入旅、続いては晩ごはん。

お昼に魚をいただいたものの、続けて食べてもいいほどに山陰の魚介はおいしいです。

Details »

海の店ささき

温泉津から東へ移動する際によく利用しています食堂、海の店ささきでお昼ごはんです。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根は温泉津焼森山窯の品出しが完了しました。

種類豊富ですので、この度もアイテム名のみのご案内とさせていただきます。 Details »

やきものの里

森山窯を後にして温泉津やきものの里へ。

森山窯からは歩いて行ける距離です。 Details »

温泉津焼 森山窯

温泉津温泉からは森山窯へ。

恒例の買い付けです。 Details »

温泉津温泉 元湯

早朝、温泉津に到着。

港のこの風景を眺めてから目覚ましの湯へと向かうのがいつもの流れです。 Details »

台南微風

森山窯の品出し準備が整いつつありますので、随分と前のことにはなりますがそろそろ山陰仕入旅の様子を。

島根、鳥取へは京都で車を借りて向かっています。 Details »