引き続き延興寺窯を

本日も引き続き個展ならではの延興寺窯の器をご紹介いたします。

この展示会の直前に登り窯を焚かれ、当店に届いた器はまさに出来たてで。

Exif_JPEG_PICTURE

縁が赤褐色で内白の器を2種、一見同じように見えますよね。

左上の器、縁の赤褐色は土の色。

延興寺窯は地の土を使われていますが、まさにその土の色です。

Exif_JPEG_PICTURE

内側は白化粧の上に透明釉が、登り窯の中でも還元炎になる奥の窯で焼成をし全体が緑がかっています。

Exif_JPEG_PICTURE

1枚目の画像右下は内側には白釉を、縁は土の色と見せかけて褐色になるように釉薬を乗せています。

Exif_JPEG_PICTURE

同じ作り方のように見えるふたつの器、比べてみるとなかなか興味深いですよ。

Exif_JPEG_PICTURE

平らな楕円皿は何十年か振りに作られたようで、私もこの度初めて目にしました。

こちらの片口は上記製法のどちらかお分かりになりますでしょうか。

Exif_JPEG_PICTURE

登り窯の還元炎で焼かれた透明釉と同じです。

下部後方が深く黒に近い緑色になっているのですが、これは灰になった薪と反応した自然釉。

Exif_JPEG_PICTURE

自然釉の様子は個体差が大きいので是非実物を目にしていただければと思います。

透明釉の貫入もまた趣き深いですよね。

大物に目がいきがちな展示会ですが、小さな箸置きにも注目をしてください。

Exif_JPEG_PICTURE

仕上げに手間がかかるものの高く値が付けられないのが箸置き。

通常時はあまり販売をしていないので、こちらも是非この機会に。

ひとつ¥300です。

————————————————————————————————

ロク4周年記念企画展「とっとり物食」展

期間:2014年4月17日(木)〜27日(日)*水曜定休

この度の「とっとり物食展」ではエコバックを持参いただければ幸いです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

京都民芸資料館

上田恒次作品展を見に、岩倉にあります京都民芸資料館へ。

Details »

グリルデミ

来京していた友人と晩ごはん、久しぶりにグリルデミへ参りました。

Details »

パティスリーミャーゴラ

紫野はパティスリーミャーゴラのお菓子をいただきました。

Details »

成沢商店のカレー豆

新潟は弥彦、成沢商店のカレー豆をいただきました。

Details »

皇居外苑 きんつば

東京から友人が来京し、インパクト強めな東京土産をいただきました。

Details »

油長酒造の風の森 Petit

奈良、油長酒造の風の森 Petitをいただきました。

Details »

空気ケーキのクリームサブレ

垣谷繊維さんよりいただきました奈良の洋菓子店空気ケーキと白雪ふきんのコラボ菓子、クリームサブレです。

Details »

grains de vanilleのジャム

通圓の茶だんごに引き続きまして、いただきもの。

grains de vanilleのジャムです。

Details »

通圓の茶だんご

せとかに続きまして、通圓の茶だんごをいただきました。

創業は1,160年との宇治茶の老舗です。

Details »

岩城島のせとか

タルトに続いてのいただきもの、岩城島のせとかです。

Details »

ラマルティーヌのタルト

企画展期間中にいろいろといただきものをいたしまして、ありがとうございました。

少しご紹介をしたく、まずは京都で一番好きな洋菓子店、ラマルティーヌのタルトから。 Details »

9周年記念企画展 終了しました。

9周年記念企画展、延興寺窯の器展 -洋食に向く和食器-は本日19時をもちまして終了いたしました。

Details »