山下染織工房の手織物

とっとり物食展で販売をしています手仕事品の中で本日は手織物をご紹介いたします。

Exif_JPEG_PICTURE

まずはににぐりネクタイから。

「ににぐり」とはくず繭のこと。

鳥取の手仕事を支え、また養蚕場で出たくず繭の有効活用にと、かつて鳥取の民藝活動家吉田璋也がイギリスのネクタイをヒントにプロデュースした手仕事品です。

青谷で染織のお仕事をされている山下さんご夫妻にこの度製作をいただきました。

現在は鳥取に養蚕場がないため、当時のネクタイの質感に近い絹糸を探し、近い太さになるように糸を撚って織り上げていただきました。

Exif_JPEG_PICTURE

縦糸と横糸はそれぞれ異なった染色をしたものを使っており、この絹糸が持つ質感と相まって奥行きのある仕上がりになっています。

Exif_JPEG_PICTURE

縦糸の本数は同じ、首周りを細く仕上げるために横糸のテンションを微調整してなだらかなカーブを作られています。

Exif_JPEG_PICTURE

細くしていくのは抵抗がなかったようですが、再度幅を広げていく箇所が苦労されたようで。

Exif_JPEG_PICTURE

店頭ではこのような状態で展示しておりますが、グラデーションに織り上がった様子が非常にきれいですので、是非広げてご覧いただければと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

続いては絣のテーブルマット。

Exif_JPEG_PICTURE

縦横同じ絹糸を使用しています。

絣は出来上がりの模様を想定して先に糸を染めます。

Exif_JPEG_PICTURE

糸が織り重なっていくことで柄が表現され、かすれたような見た目になることから「絣」と呼ばれています。

Exif_JPEG_PICTURE

色の濃淡の組み合わせが異なるものを4種ご用意。

使い方は自由ですが、私はダイニングテーブルのセンターマットにして、楊枝壷や薬味壷、箸置きなどを置いています。

マットがあることで普段使うものの定位置が明確になり、見た目にもすっきり。

玄関の棚の上に敷いて鍵置き場に、リビングのキャビネットの上に置いて花瓶敷きにも良いですね。

続いてのテーブルマットは縦糸が竹の繊維、横糸が絹糸で織られています。

Exif_JPEG_PICTURE

竹の繊維は張りがあるので、マット自体もパリッとした仕上がりに。

織り上げる前の絹糸を見せていただき、ポコポコとした面白い質感だったので、敢えて染色をせずにそのままの表情を生かして織っていただきました。

Exif_JPEG_PICTURE

「柄」ではなく「織」だけでよりストレートな表現に、実物を手にされて是非じっくりと見てみてください。

Exif_JPEG_PICTURE

長方(フリンジ有)と正方の2サイズをご用意しています。

最後に以前も販売をしていましたコースターを3柄2色。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらは縦も横も竹の繊維を使用しています。

綿や麻などに比べて重みがあるので、テーブルにしっかりと敷くことができます。

グラスの水滴を吸っても反ることがなく、機能的にも文句のないコースター。

グレーとエンジの2色。

Exif_JPEG_PICTURE

ほとんどの方が同じ色柄ではなく、違うものを組み合わせて買われていかれましたね。

Exif_JPEG_PICTURE

お好みで取り合わせていただければと。

Exif_JPEG_PICTURE

今回ご紹介した手織物は全て手洗いでのお手入れが可能です。

薄めた中性洗剤液で押し洗いをし、絞らずに干してください。

洗えるものではないと普段使いには気が張ってしまうもの、是非毎日の使用にご活用いただければうれしく思います。

山下染織工房

ににぐりネクタイ ¥13,000

絣テーブルマット ¥3,000

長方テーブルマット ¥3,500

正方テーブルマット ¥2,000

コースター ¥1,000

contact:info@rokunamono.com

————————————————————————————————

ロク4周年記念企画展「とっとり物食」展

期間:2014年4月17日(木)〜27日(日)*水曜定休

この度の「とっとり物食展」ではエコバックを持参いただければ幸いです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

祇園祭後祭山鉾建て

早朝の新町通の様子です。

こちら大船鉾。 Details »

祇園祭前祭宵山

祇園祭に行っていた訳ではないのですが、たまたまその期間に夜の外出が重なって。

Details »

延興寺窯

山陰仕入旅、最後は延興寺窯へ。

延興寺とは鳥取は岩美町の土地の名前で、おおよそ工房から見える辺りがその地域。 Details »

元湯温泉

鳥取滞在の翌朝は元湯温泉で早朝風呂です。

Details »

営業時間変更のお知らせ

本日15日(月・祝)は17:30閉店となります。

毎月の営業についてはトップページにありますカレンダーをご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

更科

山陰仕入旅、続いては晩ごはん。

お昼に魚をいただいたものの、続けて食べてもいいほどに山陰の魚介はおいしいです。

Details »

海の店ささき

温泉津から東へ移動する際によく利用しています食堂、海の店ささきでお昼ごはんです。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根は温泉津焼森山窯の品出しが完了しました。

種類豊富ですので、この度もアイテム名のみのご案内とさせていただきます。 Details »

やきものの里

森山窯を後にして温泉津やきものの里へ。

森山窯からは歩いて行ける距離です。 Details »

温泉津焼 森山窯

温泉津温泉からは森山窯へ。

恒例の買い付けです。 Details »

温泉津温泉 元湯

早朝、温泉津に到着。

港のこの風景を眺めてから目覚ましの湯へと向かうのがいつもの流れです。 Details »

台南微風

森山窯の品出し準備が整いつつありますので、随分と前のことにはなりますがそろそろ山陰仕入旅の様子を。

島根、鳥取へは京都で車を借りて向かっています。 Details »