海の店ささき・森山窯

出雲から9号線をひたすら西に走って温泉津へ。

毎回前を通る度に気になっていたお店、海の店ささきでお昼ごはんを。

Exif_JPEG_PICTURE

出雲方面から向かうと屋根に大きく「海」と書いてあるのが見え、今まで2度訪ねたことがあるのですが、定休日や臨時休業と重なり、3度目にしてようやく入ることができました。

メニューは日替わり定食とラーメン、ラーメン定食の3種のみ。

日替わりを頼みました。

バトウとヒラマサのお刺身。

Exif_JPEG_PICTURE

山陰では知られた魚のようですが、私は初めていただきました。

ヒラマサは歯ごたえのある白身の魚、ブリに似ていますが、ブリと比べるとさっぱりとした味です。

バトウは島根沖水深100mの海底に生息している魚なのだとか、新鮮な刺身でいただけるのは限られた地域だけのようです。

島根の刺身醤油は甘めで、淡白な白身の刺身に合いますね。

身が締まっていて、とてもおいしいです。

こちらは沖イワシの唐揚げ、一口いただいてまず驚きの食感。

Exif_JPEG_PICTURE

脂が乗ったぷりぷりの身にイワシだと分からなかったくらい。

身の食感の良さに加えて甘みもあり、衝撃のおいしさです。

お味噌汁にも白身の魚が入っていたのですが、生魚、煮魚、揚げ魚と様々に楽しめる大満足な定食でした。

周囲に何もない国道沿いにぽつんとあるためか、お客さんは地元の方ばかりでしたね。

また次回も訪ねてみたいお店です。

ここから車で30分ほど、温泉津に到着。

Exif_JPEG_PICTURE

やきものの里は定休日のようでした。

毎度何となく覗く登り釜。

Exif_JPEG_PICTURE

ふたつある内のひとつは現在使用しておらず、中は壷瓶が並べられた状態になっています。

森山窯にお邪魔して、半年に一度の買い付けを。

Exif_JPEG_PICTURE

入荷品は先日のブログでご確認ください。

登り窯で焚かれた器も買い付けて、仕事を終えた後にお茶をいただきました。

毎年この時期に訪ねると、裏で採れた柿をごちそうしてくださいます。

熟れた柿がお好きな森山さん、濃い色の柿を剥いて呉須釉のお皿に乗せてくださいました。

柿のオレンジと呉須の渋い青の相性が良く、季節と器を楽しみながらのお茶の時間です。

Exif_JPEG_PICTURE

飾ってらっしゃった大皿、こちらも呉須です。

森山窯で思わぬうれしい出会いもあって、長時間お邪魔してしまいました。

気がつくと既に夕方、ここからは鳥取方面へ。

山陰仕入旅はまだまだ続きます。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

温泉津にて

先日参りました山陰への仕入旅の様子です。

いつもと同じくですが、温泉津からスタート。 Details »

AURORA COFFEE

山形から来京していた先輩友人にいただいたAURORA COFFEEのコーヒー豆、まずパッケージが素敵で。

Details »

餅寅

白川沿いの和菓子店、餅寅のお菓子をいただきました。

Details »

延興寺窯 入荷しました。

鳥取、延興寺窯の器が入荷しました。

買い付けの様子は後日まとめて掲載の予定、 Details »

ロング丈ヘンプソックス

定番品の他、毎年この時季に追加で品揃えをしていますヘンプソックス。

今季はロング丈のミックスカラーです。

Details »

cheer up!

友人来京中の翌朝ごはんは大好きなパン店、cheer up!へ。

Details »

ピニョ食堂

昨晩から友人が来京中、仕事終わりにピニョ食堂へ参りました。

Details »

アカツキコーヒー

食後の一服はアカツキコーヒーへ。

Details »

グリル小宝

お昼ごはんはグリル小宝へ。

Details »

出町ふたば

続いては出町ふたばへ。

京都巡りをしているとつい立ち寄ってしまうのは、 Details »

三十三間堂

続いて三十三間堂へ。

26年ぶりに仏像1001体が揃うとありまして。 Details »

伏見稲荷大社

続いて伏見稲荷大社へ。

24時間参拝可能で一度深夜に訪れたことがあるのですが、今回は朝早く。 Details »