大原美術館

倉敷民藝館の後は大原美術館へ。

Exif_JPEG_PICTURE

日本で最初の私立西洋美術館、本館、分館、工芸・東洋館、児島虎次郎記念館に分かれています。

創設者の大原孫三郎は日本民藝館の設立に手を差し伸べた方としても知られていますよね。

西洋美術の本館。

Exif_JPEG_PICTURE

現代美術、日本の洋画家の作品が主な分館。

Exif_JPEG_PICTURE

河井寛次郎、バーナード・リーチ、濱田庄司、富本憲吉、棟方志功、芹沢銈介らの作品を展示する工芸・東洋館。

Exif_JPEG_PICTURE

工芸・東洋館は内外装共に芹沢銈介のデザインです。

Exif_JPEG_PICTURE

少々離れたアイビースクエア内にある児島虎次郎記念館。

Exif_JPEG_PICTURE

個人差はあると思いますが、全て巡るには3時間ほどかかります。

こちらは撮影不可ですので、展示物の内容については実物でご鑑賞を。

Exif_JPEG_PICTURE

倉敷川を挟んで大原美術館と対面にあるのが有隣荘。

大原家の旧別宅です。

Exif_JPEG_PICTURE

屋根瓦の色が特徴的ですよね。

オレンジにも緑にも見える不思議な色。

泉州堺の職人に特別な釉薬で作らせたものだとか。

Exif_JPEG_PICTURE

角度によって緑色に光ることから地元では「緑御殿」と呼ばれているのだそうです。

近づいて見てみたかったのですが、有隣荘は外観のみ見学可です。

Exif_JPEG_PICTURE

今橋の彫刻。

Exif_JPEG_PICTURE

大原美術館の隣、喫茶エル・グレコ。

前回倉敷に来た時はここでお茶をしました。

今回はゆっくりする時間がなく。

ギリシア人の画家エル・グレコの作品「受胎告知」が大原美術館の主な所蔵品として有名ですが、そこからの屋号でしょうね。

ただ、エル・グレコの作風とは違って大変控えめな店内。

全て緑で覆われている外観が印象的ですが、内装もとても素敵ですよ。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

祇園祭後祭山鉾建て

早朝の新町通の様子です。

こちら大船鉾。 Details »

祇園祭前祭宵山

祇園祭に行っていた訳ではないのですが、たまたまその期間に夜の外出が重なって。

Details »

延興寺窯

山陰仕入旅、最後は延興寺窯へ。

延興寺とは鳥取は岩美町の土地の名前で、おおよそ工房から見える辺りがその地域。 Details »

元湯温泉

鳥取滞在の翌朝は元湯温泉で早朝風呂です。

Details »

営業時間変更のお知らせ

本日15日(月・祝)は17:30閉店となります。

毎月の営業についてはトップページにありますカレンダーをご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

更科

山陰仕入旅、続いては晩ごはん。

お昼に魚をいただいたものの、続けて食べてもいいほどに山陰の魚介はおいしいです。

Details »

海の店ささき

温泉津から東へ移動する際によく利用しています食堂、海の店ささきでお昼ごはんです。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根は温泉津焼森山窯の品出しが完了しました。

種類豊富ですので、この度もアイテム名のみのご案内とさせていただきます。 Details »

やきものの里

森山窯を後にして温泉津やきものの里へ。

森山窯からは歩いて行ける距離です。 Details »

温泉津焼 森山窯

温泉津温泉からは森山窯へ。

恒例の買い付けです。 Details »

温泉津温泉 元湯

早朝、温泉津に到着。

港のこの風景を眺めてから目覚ましの湯へと向かうのがいつもの流れです。 Details »

台南微風

森山窯の品出し準備が整いつつありますので、随分と前のことにはなりますがそろそろ山陰仕入旅の様子を。

島根、鳥取へは京都で車を借りて向かっています。 Details »