倉敷民藝館 後編

引き続いて特別企画展「少年民藝館展」を。

Exif_JPEG_PICTURE

「少年民藝館」とは初代館長外村吉之介の書籍で、民藝について分かりやすく解説をしたもの。

その書籍で紹介をされている品のうち約200点が展示されていました。

イギリスのレース編みのボビン。

Exif_JPEG_PICTURE

色や形に違いがあるのは、編み進める際に間違いがないようにとの目印にするためなのだとか。

世界の腰紐。

Exif_JPEG_PICTURE

ペルーの皮の椅子。

Exif_JPEG_PICTURE

T字型の鉄の棒を4つ組み合わせただけ、最小限の作り。

3本足好きです。

トルコの敷物。

Exif_JPEG_PICTURE

模様ひとつひとつに意味があり、大切な家財品です。

クッションカバーは何個か持っていますが、やはり敷物サイズの力強さは相当なもの。

オランダの菓子型。

Exif_JPEG_PICTURE

ふたつ合わせで使用する流し型です。

お祝いの時に家庭で作るお菓子用なのだとか。

アイヌの衣。

Exif_JPEG_PICTURE

そして蓑。

Exif_JPEG_PICTURE

表情に心奪われて、何だったのか思い出せませんが。

Exif_JPEG_PICTURE

絞りの反物、入り方が素敵。

Exif_JPEG_PICTURE

韓国の木製家鴨。

Exif_JPEG_PICTURE

結婚の時に新郎が新婦へ贈るもの、家鴨のように家から離れないようにとの思いが込められているのだそう。

首の部分が外れ、胴体を枕として使うようです。

企画展の展示品は200点ほどと申し上げました。

ここでご紹介をしたのはほんの一部ですので、ご興味ある方は是非行かれてみてください。

順路の最後は常設に戻りました。

Exif_JPEG_PICTURE

両手で抱えるぐらいの大きさ、2012年作の読谷山焼北窯の壷です。

Exif_JPEG_PICTURE

出口付近にあった腰掛けが気になります。

Exif_JPEG_PICTURE

人の足のような肉付き、土偶のようにも。

中庭には各土地のお墓や骨壺が。

Exif_JPEG_PICTURE

特別企画展は12月1日(日)までと十分な会期。

時間をたっぷりと予定しておいて良かったですね、充実な内容に大満足です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

小鹿田焼 入荷しました。

大分、小鹿田焼の器が入荷しました。

追加したものも含め、現在ご用意しているアイテムを簡単ながらご紹介いたします。 Details »

しずかな山

ヴィーガンのお菓子を作っておられるお客さんからのいただきもの。

今度イベントに出されるお菓子を試作されたのことで、 Details »

夷川餃子なかじま

西洞院夷川辺り、餃子のお店なかじまへとサク呑みに。

Details »

常滑陶芸研究所

運良くおられた職員の方に入れていただき、休館日ながら常滑陶芸研究所を見学させていただきました。

Details »

甚秋陶苑

常滑滞在記、続いては急須作りを専門にされている甚秋陶苑さんへ。

Details »

常滑

打ち合わせのためにやってきました常滑、焼き物の産地として有名な土地ながら初めての訪問です。

Details »

円頓寺商店街

昨日からの続き、円頓寺商店街の様子を少々。

高層ビルが立ち並ぶ名古屋駅から徒歩圏内ながら、昭和の雰囲気漂う素敵な商店街です。 Details »

名古屋モーニング

愛知へ日帰り出張、折角ならと朝早めに出て名古屋を楽しむべくうろうろと。

喫茶まつばでモーニングです。

Details »

KOUGEI NOW 2019 “DIALOGUE”

KOUGEI NOW 2019 Kyoto Crafts Exhibition”DIALOGUE”「親密な工芸」、本日内覧会に行ってきました。

昨年に引き続き会場はホテルカンラ京都。 Details »

丸型ステンレスピンチ

定番商品、丸型のステンレスピンチ。

今日のような絶好の洗濯日和に重宝する竿用のピンチです。 Details »

蕎麦切塩釜

蕎麦はここと決まっていて、毎度同じお店のご紹介ですが、蕎麦切塩釜へ参りました。

Details »

Cheer up!

大好きなパン店、Cheer up!のチョコベーグルとメロンパンです。

Details »