倉敷民藝館 前編

倉敷川に出てきました。

川の向こうに見えるのは倉敷民藝館です。

Exif_JPEG_PICTURE

川沿いを暫く歩いて中橋へ。

Exif_JPEG_PICTURE

川を埋め尽くす程の蓮の葉、溜まり過ぎですよね。

Exif_JPEG_PICTURE

観光案内所になっている倉敷館。

Exif_JPEG_PICTURE

暑さのせいか中で涼んでおられる方が多いよう。

倉敷民藝館入り口です。

至る所に七夕の笹飾りが見られましたが、この辺りは旧暦で行うようです。

Exif_JPEG_PICTURE

倉敷民藝館は日本民藝館に続き2番目に古い民藝館。

建物は江戸期に建てられた米蔵を活用しているのだそう。

館内に入り階段を登るとまずは常設展示室に、初代館長外村吉之介の文言から始まります。

Exif_JPEG_PICTURE

「鋭い直感」と「深い思索」、確かです。

Exif_JPEG_PICTURE

鳥取、牛ノ戸の壷、素敵です。

Exif_JPEG_PICTURE

出西窯の茶碗。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらも出西窯。

Exif_JPEG_PICTURE

記載はありませんでしたが、おそらく武内晴二郎作の大皿。

太陽光がガラスケースに反射して見づらいですが、押紋の力強いこと。

Exif_JPEG_PICTURE

倉敷を中心に山陰、中国地方の器が展示されています。

次の部屋には朝鮮白磁類。

Exif_JPEG_PICTURE

続いて倉敷ガラス。

Exif_JPEG_PICTURE

手仕事のガラス品があまり得意ではないのですが、これらは凛としていて素敵です。

Exif_JPEG_PICTURE

あと素朴さもあって。

Exif_JPEG_PICTURE

ワルター・グロピウスからの手紙。

倉敷民藝館の美しい手仕事品の蒐集を讃える内容、詳しくはどうぞ実物で。

藁や竹などの編み仕事の部屋。

Exif_JPEG_PICTURE

少々いびつですが、面白い形の背負いかご。

Exif_JPEG_PICTURE

縄で編まれた粗さがまた格好良いです。

Exif_JPEG_PICTURE

ここまでが常設展示、館のおよそ1/3に当たります。

館内はフラッシュでなければ撮影が可能。

いろいろと撮ってはきたのですが、ブログに掲載したのはごく一部。

これから行かれる方にとって見え過ぎては面白くないと思いまして。

明日は企画展の方をご紹介いたします。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

祇園祭後祭山鉾建て

早朝の新町通の様子です。

こちら大船鉾。 Details »

祇園祭前祭宵山

祇園祭に行っていた訳ではないのですが、たまたまその期間に夜の外出が重なって。

Details »

延興寺窯

山陰仕入旅、最後は延興寺窯へ。

延興寺とは鳥取は岩美町の土地の名前で、おおよそ工房から見える辺りがその地域。 Details »

元湯温泉

鳥取滞在の翌朝は元湯温泉で早朝風呂です。

Details »

営業時間変更のお知らせ

本日15日(月・祝)は17:30閉店となります。

毎月の営業についてはトップページにありますカレンダーをご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

更科

山陰仕入旅、続いては晩ごはん。

お昼に魚をいただいたものの、続けて食べてもいいほどに山陰の魚介はおいしいです。

Details »

海の店ささき

温泉津から東へ移動する際によく利用しています食堂、海の店ささきでお昼ごはんです。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根は温泉津焼森山窯の品出しが完了しました。

種類豊富ですので、この度もアイテム名のみのご案内とさせていただきます。 Details »

やきものの里

森山窯を後にして温泉津やきものの里へ。

森山窯からは歩いて行ける距離です。 Details »

温泉津焼 森山窯

温泉津温泉からは森山窯へ。

恒例の買い付けです。 Details »

温泉津温泉 元湯

早朝、温泉津に到着。

港のこの風景を眺めてから目覚ましの湯へと向かうのがいつもの流れです。 Details »

台南微風

森山窯の品出し準備が整いつつありますので、随分と前のことにはなりますがそろそろ山陰仕入旅の様子を。

島根、鳥取へは京都で車を借りて向かっています。 Details »