弥山〜八経ヶ岳

17時過ぎに狼平の避難小屋に到着。

Exif_JPEG_PICTURE

テント泊の予定でしたが、小屋に人がいなかったので中で寝ることにしました。

Exif_JPEG_PICTURE

食事用の水は川で汲み、沸騰させて使いました。

疲れ過ぎていたので、食後すぐの18時に就寝。

喉が渇いて一度夜中に目を覚ましたものの、再び寝て気がつくと時計は5時半。

今回の登山は頂上に登ることが目的ではなく双門ルートを無事に終えることだったので、日の出を拝むために起きようという気はさらさらなく、心ゆくまで寝ていました。

Exif_JPEG_PICTURE

避難小屋から弥山山頂まではおよそ1時間。

Exif_JPEG_PICTURE

ここからはきれいに整った登山道を上がっていきます。

大黒岩。

Exif_JPEG_PICTURE

終始穏やかな登山道です。

Exif_JPEG_PICTURE

奥に見えるのが弥山。

進行方向右手奥に見えるのが八経ヶ岳。

Exif_JPEG_PICTURE

次の目的地です。

Exif_JPEG_PICTURE

人が歩いた道がはっきりと分かる安心感。

Exif_JPEG_PICTURE

弥山到着です。

Exif_JPEG_PICTURE

頂上には社があり、参拝して一息。

Exif_JPEG_PICTURE

頂上には立派な作りの小屋が。

Exif_JPEG_PICTURE

頂上でようやく人に出会いました。

Exif_JPEG_PICTURE

テント場もあり、ここで幕営されている方も。

Exif_JPEG_PICTURE

弥山頂上は通過点、次に目指すは八経ヶ岳です。

ここからはしばらく下りです。

関西では一番高く、標高は1914.9m。

Exif_JPEG_PICTURE

目指す先が見えています。

Exif_JPEG_PICTURE

この登山道は大峯奥駈道と言って、熊野と吉野を結ぶ大峯山の縦走道で修行道とされています。

大峯山と言えば女人禁制の山で有名ですよね。

女人結界門があるらしく、その先は今だ女性は入ることができません。

八経ヶ岳まではもう少し、長らくの山紀行も明日が最終回です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

銀ぶら

喫茶アメリカンまでの道中、朝の銀座を散歩。

Details »

喫茶アメリカン

東京滞在2日目、いつかと思っていたこちらのサンドイッチで朝ごはんです。

歌舞伎座のすぐ近く、喫茶アメリカンで極厚サンドイッチをテイクアウトしました。 Details »

「工芸批評」展

銀座松屋で行われていた「工芸批評」展、最終日に駆け込みで伺いました。

Details »

三浦三崎港 めぐみ水産

葉山から横浜へ戻り、地下街ポルタの中にある三浦三崎港めぐみ水産でさくっとお昼ごはんです。

Details »

「カイ・フランク」展

神奈川県立近代美術館葉山館で行われている「日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク」展を見に参りました。

Details »

謝甜記 貮号店

東京方面への旅、スタートは横浜中華街の謝甜記貮号店で朝粥を。

数あるお粥メニューから悩みつつも魚生粥を注文しました。

Details »

東京行き

気がつけば3年半ぶり、東京方面に行ってきました。

とりあえずの横浜中華街、理由は後ほど。

Details »

服部のとうふ

当店から徒歩5分ほど、スーパーYAOSENで扱っている服部さんのとうふです。

工房は真如堂の近くにありますが、 Details »

小代焼ふもと窯 入荷しました。

先日買い付けをしてきました熊本は小代焼ふもと窯の器、本日店頭出しが完了しました。

Details »

ドライブインよしだ

先日、外遊びの際に立ち寄ったドライブインよしだ、看板メニューのイカ丼でお昼ごはんです。

Details »

バジルとエゴマとゴマ

ベランダ栽培のバジルも最終収穫時期に。

朝晩寒くなり、夏の間に見られた元気さも落ち着いてきました。 Details »

DEAN&DELUCAのパン

ありがたくのいただきもの、DEAN&DELUCAのパンです。

お酒がお好きな方で、ワインに合い気に入っておられると。

Details »