双門大滝〜狼平避難小屋

双門大滝、見にくいですが崖の一番奥です。

Exif_JPEG_PICTURE

高低差の大きな滝ですが、距離があるので写すのはこれが精々。

Exif_JPEG_PICTURE

ここからもしばらくははしごと、

Exif_JPEG_PICTURE

鎖場が続きます。

Exif_JPEG_PICTURE

後半になるにつれて上りの激しさが増し、悲しいのが下りも多いこと。

川の中の岩の上で撮っていますが、ルート内では川を横断することが数回あるので水嵩が増している日は注意が必要ですね。

Exif_JPEG_PICTURE

川への下りから岩への上り。

Exif_JPEG_PICTURE

澄んだ水が見えるだけでも癒されます。

Exif_JPEG_PICTURE

また川へ下っては渡り、

Exif_JPEG_PICTURE

岩を登る。

Exif_JPEG_PICTURE

ざっと省略しましたが、このような行程を2時間半。

Exif_JPEG_PICTURE

クライマックスに近づいてきました。

Exif_JPEG_PICTURE

身長ほどある大きさの岩を渡って上がった先に見えたのが、鎖のはしご。

Exif_JPEG_PICTURE

上だけが固定されたぶらぶらのはしごです。

下半身は既にがくがくでしたが、これは腕の力で登れるのでしっかり掴んで一歩ずつ。

「あと少し」という思いだけで前に進んでいたように思います。

気力は体力に勝りますね。

Exif_JPEG_PICTURE

左は谷、岩壁に固定された鉄棒の上を渡って進みます。

最後に気が抜けない箇所が多かったのですが、それがある意味良かったのかもしれません。

Exif_JPEG_PICTURE

ルート内で初めて目にした看板。

Exif_JPEG_PICTURE

吊り橋の先にこの日の目的地、狼平避難小屋が見えました。

Exif_JPEG_PICTURE

「やっと終わった‥‥。」というのが正直な感想。

2日目の行程もありますが、ここまでが全てと言っても過言ではなく、一気に気が抜けました。

休憩を省くと7時間のコース。

苦行と言えば苦行、レジャーと言えばレジャー。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

平安蚤の市開催

毎月ほぼ10日に岡崎公園で行われている平安蚤の市、しばらく休止となっていましたが、今月より再開されるようです。

Details »

京都国立近代美術館

午前中から30℃超え…、涼を求めて美術館へ行ってきました。

平日の開館直後と空いている時間を狙っての鑑賞です。 Details »

8月16日までの営業日

コロナウィルス の感染状況が拡大傾向にあることから8月は1週間単位でのお知らせとさせていただいております。


Details »

高千穂のわら細工 受付開始

11月下旬から12月上旬にお渡し予定の高千穂のわら細工、今年の受注を本日より開始いたします。

Details »

京のくらし ー 二十四節気を愉しむ

京都国立近代美術館で行われている展覧会「京のくらしー二十四節気を愉しむ」のフライヤーをお預かりさせていただきました。

Details »

Over the rainCow

革小物の取り扱いをさせていただいているANDADURAから訳あっての派生品がありまして、少しご紹介をさせていただきます。

Details »

延興寺窯 入荷しました。

鳥取、延興寺窯の器が入荷しました。

Details »

中華のサカイ 本店

新大宮のサカイへ晩ごはんを食べに行きました。

Details »

8月の営業日

8月の営業日をお知らせいたします。

Details »

調理ヘラ

連休の間、小さくて目立ちにくい商品をご紹介してきましたが、今日は番外編として目立つ色もの道具をひとつ。

レストランの厨房で使用するために作られた調理ヘラです。 Details »

注ぎ口用金具

4連休中にお届けをしてきました小さくて目立ちにくいけれど優秀な商品シリーズ、最終回に一番細かいものをご紹介します。

Details »

ピーラー

一見スタンダードながら小技の効いたピーラーです。

Details »