双門大滝〜狼平避難小屋

双門大滝、見にくいですが崖の一番奥です。

Exif_JPEG_PICTURE

高低差の大きな滝ですが、距離があるので写すのはこれが精々。

Exif_JPEG_PICTURE

ここからもしばらくははしごと、

Exif_JPEG_PICTURE

鎖場が続きます。

Exif_JPEG_PICTURE

後半になるにつれて上りの激しさが増し、悲しいのが下りも多いこと。

川の中の岩の上で撮っていますが、ルート内では川を横断することが数回あるので水嵩が増している日は注意が必要ですね。

Exif_JPEG_PICTURE

川への下りから岩への上り。

Exif_JPEG_PICTURE

澄んだ水が見えるだけでも癒されます。

Exif_JPEG_PICTURE

また川へ下っては渡り、

Exif_JPEG_PICTURE

岩を登る。

Exif_JPEG_PICTURE

ざっと省略しましたが、このような行程を2時間半。

Exif_JPEG_PICTURE

クライマックスに近づいてきました。

Exif_JPEG_PICTURE

身長ほどある大きさの岩を渡って上がった先に見えたのが、鎖のはしご。

Exif_JPEG_PICTURE

上だけが固定されたぶらぶらのはしごです。

下半身は既にがくがくでしたが、これは腕の力で登れるのでしっかり掴んで一歩ずつ。

「あと少し」という思いだけで前に進んでいたように思います。

気力は体力に勝りますね。

Exif_JPEG_PICTURE

左は谷、岩壁に固定された鉄棒の上を渡って進みます。

最後に気が抜けない箇所が多かったのですが、それがある意味良かったのかもしれません。

Exif_JPEG_PICTURE

ルート内で初めて目にした看板。

Exif_JPEG_PICTURE

吊り橋の先にこの日の目的地、狼平避難小屋が見えました。

Exif_JPEG_PICTURE

「やっと終わった‥‥。」というのが正直な感想。

2日目の行程もありますが、ここまでが全てと言っても過言ではなく、一気に気が抜けました。

休憩を省くと7時間のコース。

苦行と言えば苦行、レジャーと言えばレジャー。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

読谷山焼北窯 入荷しました。

先月に買い付けをして参りました沖縄、読谷山焼北窯の器の店頭出しが完了しました。

Details »

読谷山焼北窯買い付け

陶器市が終わり、読谷山焼北窯の買い付けへ。

Details »

南部そば

てびちそばで有名な南部そばへ。

Details »

鳥玉

頭いっぱいだったのであまり遠出をしたくなく、予約していた宿から徒歩圏内にあった鳥玉で晩ごはんをいただきました。

Details »

「岡本太郎の沖縄」

2018年公開のドキュメンタリー映画「岡本太郎の沖縄」を見に行きました。

南城市のイベントの中で上映会が行われており、この日は監督も来られていて。

Details »

知念岬

南城市の知念岬へ。

Details »

シーサイドドライブイン

恩納村のシーサイドドライブインへ。

Details »

番所亭

やちむんの里から車ですぐ、番所亭でお昼ごはんです。

Details »

引き続き

引き続き陶器市巡り。

北窯の後は大嶺實清工房へ、これも毎度の流れです。 Details »

読谷山焼陶器市

読谷山焼陶器市へ。

駐車スペースを考え開始時刻より少し早めに到着です。 Details »

キングタコス

日暮れまでしっかり仕事、お腹が空いたところで金武のキングタコス へ。

閉店時間に間に合うようにとちょっと急いで移動です。

Details »

スターバックスコーヒー 沖縄本部町店

ここからまたしばらく沖縄仕入紀行に。

出張中ながら事務作業がたまっていたので、スターバックスコーヒーへ。 Details »