沖縄仕入旅 3日目 陶器市初日 再来

陶器市に戻り、読谷山窯の方へ。

こちら大嶺實清工房です。

愛らしさすら感じてしまうシーサー。

「あ」「うん」の口と、ランダムな目つきが何とも言えぬ表情で。

続いて山田真萬工房。

アバンギャルドな作風ですが温かみもありますよね。

唐草模様、葉紋様も躍動的。

読谷山窯の登り窯を通って再び北窯へ。

松田米司さんの赤絵「いろはにほへと*」シリーズ。


一連で欲しいです。

私には手が出ませんでしたが、「売約済」の張り紙を見てうらやましく思ったり。

陶器市初日を存分に楽しんでから、那覇へ移動。

仕入の旅恒例のご当地珈琲牛乳で一服、逆光ですみません。

那覇に戻ったのは日が暮れた頃、こちらは毎度訪れる丸安そばです。

24時間営業の半野外店舗。

ここの沖縄そば、固めの縮れ麺が気に入っています。

沖縄そばを味噌汁代わりに白ご飯ととうふチャンプルーを。

お昼のいかすみ汁がなかなかパンチがあったのですが、陶器市で一日中高揚してしたせいかお腹はすぐに減るもので。

丸安そばでの食事が沖縄の旅では欠かせないものになっています。

滞在中に2度訪れて食べ、その上お持ち帰り用にしてもらって京都に戻ったことがあったのですが、やはりココで食べるのが良いようです。

味と価格の他に環境も大切ですものね。

今年訪れた時はカウンターの椅子が昇降式の背もたれ付きにグレードアップしていて、この店の雰囲気とのミスマッチさにまた惹き付けられました。

丸安そばは私の思うTHE沖縄です。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

Meets Regional 8・9月合併号

7月1日発売、京阪神エルマガジン社発行のMeets Regional 8・9月合併号に掲載をいただきました。

Details »

MR. MAURICE’S ITALIAN

ランチはホテルのレストラン、MR. MAURICE’S ITALIANへ。

Details »

旧館

他の客室も見学を、窓の形に馴染みのある方も多いかと。

この印象的なアーチ窓は旧館部分の3階です。

Details »

ミーティングルーム

連日細かい滞在記、あと数回お付き合いを。

エレベーターホールの壁面も信楽焼のタイルで、案内表示は柚木沙弥郎氏。 Details »

STUMPTOWN COFFEE ROASTERS

ロビーから続く扉の奥はコーヒーショップ、STUMPTOWN COFFEE ROASTERSです。

Details »

ロビー

Ace Hotel Kyoto滞在記、客室に続いて本日はロビースペースを。

Details »

Ace Hotel Kyoto

先月開業しましたAce Hotel Kyotoへ。

有り難くプレオープンの時に泊まらせていただきました。 Details »

完売しました。

BRAUN社のアラームクロック、ドイツ製ムーブメントを使用した製品につきまして、当店在庫分が完売をしました。

Details »

とり伊

四条大宮にある水炊きのお店、とり伊で親子丼をいただきました。

Details »

ビゴの店

北大路にあるパン屋さん、ビゴの店のパンをいただきました。

Details »

夏越の祓

岡崎神社で茅の輪くぐり、本日6月最終日、今年ももう折り返しです。

Details »

「水野美術館コレクション 美しNIPPON」

しばらく閉館をしていた”美術館「えき」KYOTO”が再開、7月4日(土)から「水野美術館コレクション 美しNIPPON」が始まります。

Details »