沖縄仕入旅 3日目 陶器市初日

陶器市初日、快晴です。

開始と同時の9時頃に到着。

テントの中は既にお客さんで賑わっていました。

北窯の器を一同に見られるこの機会は新しい発見も多く、北窯の器を販売する者としても勉強になるので来るようにしています。

一愛用者として買い物を楽しむこともそれと同等に大きい目的なのですが。

一枚ずつじっくりと選びながら、のんびりと買い物を。

普段あまり目にしない凝った技法の器や、

尺を超える大皿。

ゆし瓶、壷などもずらりと並んでいます。

年々自分の好みがはっきりとしてきたようで、迷うことが少なくなりました。

素敵だなと思ったものを手に取って買っていたら大変なことになりましたが。

何度か車との間を往復して、置いては戻りの繰り返し。

好みがはっきりとしてきた分、普段の生活ではそう買い物をする方ではないため、これだけ欲しいと思えるものに出会えることがまた幸せ。

陶器市は読谷山焼北窯と読谷山窯との共同開催なので、北窯以外にも見所はまだまだあります。

昨年と同じく昼ご飯休憩に一旦外へ出て、海人食堂へ。

読谷村の漁協内にある食堂です。

晴れて気持ちの良い気候ですが、この風の強さはさすが沖縄。

まぐろ丼と

いかすみ汁を。

昨年来た時に周囲の漁師さんがこぞって食べていて気になっていたものです。

丼碗の中にはイカぎっしり。

2杯は入っているのでは。

濃厚な汁とこれでもかと言うくらいのイカの多さに最後は少々参っていましたが、確かにおいしい。

こちらはもずく天。

手のひらくらい大きさ、もずくと野菜のかき揚げです。

沖縄の天ぷらは衣が甘めで、フリッターのよう。

お菓子感覚でもいただけますね。

海人食堂の裏から東シナ海を望み一呼吸。

エネルギー満タンにしたところで再び陶器市へ戻ります。

明日に続く。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

Meets Regional 8・9月合併号

7月1日発売、京阪神エルマガジン社発行のMeets Regional 8・9月合併号に掲載をいただきました。

Details »

MR. MAURICE’S ITALIAN

ランチはホテルのレストラン、MR. MAURICE’S ITALIANへ。

Details »

旧館

他の客室も見学を、窓の形に馴染みのある方も多いかと。

この印象的なアーチ窓は旧館部分の3階です。

Details »

ミーティングルーム

連日細かい滞在記、あと数回お付き合いを。

エレベーターホールの壁面も信楽焼のタイルで、案内表示は柚木沙弥郎氏。 Details »

STUMPTOWN COFFEE ROASTERS

ロビーから続く扉の奥はコーヒーショップ、STUMPTOWN COFFEE ROASTERSです。

Details »

ロビー

Ace Hotel Kyoto滞在記、客室に続いて本日はロビースペースを。

Details »

Ace Hotel Kyoto

先月開業しましたAce Hotel Kyotoへ。

有り難くプレオープンの時に泊まらせていただきました。 Details »

完売しました。

BRAUN社のアラームクロック、ドイツ製ムーブメントを使用した製品につきまして、当店在庫分が完売をしました。

Details »

とり伊

四条大宮にある水炊きのお店、とり伊で親子丼をいただきました。

Details »

ビゴの店

北大路にあるパン屋さん、ビゴの店のパンをいただきました。

Details »

夏越の祓

岡崎神社で茅の輪くぐり、本日6月最終日、今年ももう折り返しです。

Details »

「水野美術館コレクション 美しNIPPON」

しばらく閉館をしていた”美術館「えき」KYOTO”が再開、7月4日(土)から「水野美術館コレクション 美しNIPPON」が始まります。

Details »