沖縄仕入旅 2日目 那覇市街地 前編

2日目の移動手段は徒歩、国際通りを中心に市街地を歩きました。

午前中の公設市場、まだ人気も少なくてお店の方も準備されている最中。

那覇にいると何となく一度はここを通っておかないとという気持ちになります。

周辺の商店街にはお土産物屋に混じってちらほらとおもしろい店があるので、時間がある時は細い道も隈無く行きます。

昼前にお腹が空いたので、公設市場からすぐ近くのソーキそば屋に。

田舎という格安の沖縄そば店、ジューシー(炊き込みご飯)付きで380円です。

こちらのソーキは軟骨までとろとろ、スープと麺はあっさりめ。

亀かめの方が好きですが、この価格であれば十分かと。

ここから壺屋へ移動。

細い道を通り抜けて向かったのですが、途中で見つけたお宅が素敵で失礼ながら撮影。

 

昨年の沖縄行きでも建物について書きましたが、格好の良いコンクリート造が多くて見上げながら歩いてしまいます。

建物の話になったので少し脱線。

こちらは昨年まではなかった那覇市役所の新庁舎、昨日が落成式とのことで出来たてです。

県庁と並び、こちらも目を引く建物ですね。

壺屋やちむん通りに到着。

ここぐらいでしか目にしない、三彩点打ちのシーサー。

「石敢富」とは魔除けのようで、沖縄県内至る所で目にします。

やちむん通りから北へ細い道を入っていくと、懐かしさを感じられるほっとする街並みが見られますので、お時間のある方は陶器店だけでなく是非散策も。

2日目は後編に続く。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

Meets Regional 8・9月合併号

7月1日発売、京阪神エルマガジン社発行のMeets Regional 8・9月合併号に掲載をいただきました。

Details »

MR. MAURICE’S ITALIAN

ランチはホテルのレストラン、MR. MAURICE’S ITALIANへ。

Details »

旧館

他の客室も見学を、窓の形に馴染みのある方も多いかと。

この印象的なアーチ窓は旧館部分の3階です。

Details »

ミーティングルーム

連日細かい滞在記、あと数回お付き合いを。

エレベーターホールの壁面も信楽焼のタイルで、案内表示は柚木沙弥郎氏。 Details »

STUMPTOWN COFFEE ROASTERS

ロビーから続く扉の奥はコーヒーショップ、STUMPTOWN COFFEE ROASTERSです。

Details »

ロビー

Ace Hotel Kyoto滞在記、客室に続いて本日はロビースペースを。

Details »

Ace Hotel Kyoto

先月開業しましたAce Hotel Kyotoへ。

有り難くプレオープンの時に泊まらせていただきました。 Details »

完売しました。

BRAUN社のアラームクロック、ドイツ製ムーブメントを使用した製品につきまして、当店在庫分が完売をしました。

Details »

とり伊

四条大宮にある水炊きのお店、とり伊で親子丼をいただきました。

Details »

ビゴの店

北大路にあるパン屋さん、ビゴの店のパンをいただきました。

Details »

夏越の祓

岡崎神社で茅の輪くぐり、本日6月最終日、今年ももう折り返しです。

Details »

「水野美術館コレクション 美しNIPPON」

しばらく閉館をしていた”美術館「えき」KYOTO”が再開、7月4日(土)から「水野美術館コレクション 美しNIPPON」が始まります。

Details »