PYREX

ガラス製品の紹介が続いていますね。

季節柄ということもありますが、こちらは訳あり商品のためこの度入荷しました。

PYREXのガラスピッチャーです。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、PYREXはアメリカのメーカーが作った耐熱ガラス器です。

日本では岩城ガラスがその製造技術を受けて製品を作ってきました。

それが今後は「PYREX」という表記をせずに製造をすることになったようで。

個人的には岩城の製品に「PYREX」と入っているのが好きだったんですが。

訳ありと言うのは「PYREX」と表記のある製品が製造終了のため、今後買い足しができないということなのですが、表記のない同型のものは現行品としてあるんですよね。

それだけの理由で安く分けていただいて、何だか申し訳なくも販売させていただきます。

先日2L容量のピッチャーをご紹介しましたが、私は冷茶用にはこちらを使っています。

ただこのPYREXのピッチャーも使っていたことがあり、使い勝手では何ら問題ありませんので1L容量をお求めの方にはいいのではないでしょうか。

不思議に思うのはこちら、「PYREX」の表記が本体にはどこにもないんですよね。

商品説明書に記載があるからでしょうか。

それだけの理由とは。

手仕事の器を日々目にする仕事柄か細部の作りが気になってしまいます。

取手や注ぎ口は特に。

手仕事のものを見る時と同じように工業製品を見てみると改めて感心するのですが、この取手、きれいな作りだなと。

工業製品だから当たり前だと思わずに同じ視点で物を見てみると、より関心が深くなってそれぞれの良い点に気が付いたり。

手仕事の陶器を扱っていると手仕事のガラスの器を扱わないのか聞かれることがあるのですが、やはりまだ私は工業製品のガラスが好きなようで、こうしてまたふと気がつかされ。

商品紹介に戻りまして、こちらは600ml容量のピッチャー。

耐熱ガラスなのでアイスコーヒー、お出汁、めんつゆを作ってすぐに氷で冷やすことができます。

そして作り置いた分はそのまま冷蔵庫へと。

みりんや料理酒など、調味料ボトルにもいい大きさですね。

共に24ヶずつの入荷で、完売次第終了となります。

「PYREX」の表記の有無という理由だけで、それぞれ定価よりお安くのご提供です。

PYREX ガラスピッチャー

1L ¥1,680 → ¥1,260 完売しました。

600ml ¥945 → ¥683 完売しました。

contact:info@rokunamono.com

23日(土)〜27日(水)までお休みをいただいておりますため、その間のお問い合わせに対するご回答は休み明けになります。

ご連絡をいただく際は、どうぞご了承くださいますようお願いいたします。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

手造りかりんと

佐渡のお菓子、ワダコメの「手造りかりんと」をいただきました。

Details »

大文字登山 鹿ケ谷より

久々に大文字へと山歩き。

昨年の台風21号による被害で久しく閉鎖していた登山道、 Details »

書籍「工芸批評 」

先日お知らせいたしました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」、書籍についても触れましたが、当店で販売することになりました。

Details »

京都手帖2020

光村推古書院発行、京都手帖2020に掲載をいただきました。

Details »

BRAUNアラームクロック

先日お知らせをさせていただいた仕様変更につきまして、アラームクロックの方が完売しました。

Details »

小鹿田焼の壺

久しぶりに入荷しました大分、小鹿田焼の壺。

Details »

「工芸批評」

10月9日から始まりました銀座松屋デザインギャラリー1953の企画展「工芸批評」で、でく工房のシンプルグラスの展示(販売)が行われています。

Details »

公園西口

大阪日本民芸館EXPO’70パビリオンと充実した鑑賞の余韻に浸ろうかと、遠い出口から帰ることに。

Details »

EXPO’70 パビリオン

万博の記念館として2010年にオープンしたEXPO’70パビリオン、元鉄鋼館を利用した施設で設計は前川國男氏です。

Details »

日本庭園

大阪日本民芸館の入館券で日本庭園へも入園することができます。

Details »

pain de joujou

お昼ごはんは茨木市駅周辺で探したパン店、pain de joujouのカレーパン、あんもちクロワッサン、クリームパンです。

Details »

大阪日本民芸館

公園東口より少し遠回りをして散歩しながら大阪日本民芸館へ。

  Details »