大物

井上尚之展8日目です。

今日を含めて残すところあと2日となりました。

本日は個展ならではの大物をご紹介します。

私がそれぞれに感じる魅力的な点も含めて。

w426×d230×h43mmの特大楕円鉢。

横ラインと円が重なったところの流れ方が素敵ですね。

幅方向に長さがある楕円皿によく映える描き模様です。

¥31,500

w375×d316×h47mmの特大角鉢。

よく見ると全体に櫛目が入っています。

大きさから感じる迫力に加え、見る程に奥行きのある器。

¥52,500

Φ183×h296mmの花入れ。

表面をしのいだ上に流し描いています。

ふっくらとした膨らみがあるのに、取手が付いていることでシャープに感じますね。

よく見ると高さ違いで交互にしのぎが入っています。

¥26,250

Φ326×h52mmの尺皿。

縁が付いた形で、見た目よりも深さがあります。

縁に描かれた波模様が一部分だけ重なっているのですが、滲んだ様子が個人的にとても好みです。

大きさの割に軽いですよ。

ご家族の多い方や人が集まるお家で使っていただきたい。

¥18,900

Φ328×h60mmの尺皿。

こちらは、なまずではなく鯉です。

どういう向きで写そうか悩んだのですが、私にはこの向きが正面に見えました。

登る鯉です。

この辺りですと、端午の節句に鯉のぼりを見ることが少なくなりました。

鯉のぼりを上げられないという男児がいらっしゃるご家庭にいかがでしょうか。

と当店らしくないおすすめの仕方になりましたが、使っていただきたいのが本音です。

鱗の様子がおもしろいですね。

¥18,900

今回の一番の大物、Φ463×h80mmの皿。

画像では迫力が伝わりにくいですよね。

これだけの大きさになると縁の縄目模様だけでもその力強さに圧倒されます。

¥84,000

実際にご覧いただけるのは明日30日までとなりますので、大物を通して井上尚之さんの仕事に触れてみてください。

【ロク2周年イベント】

小代焼ふもと窯 スリップウェアの器 井上尚之展

〜30日(月・祝)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

祇園祭後祭山鉾建て

早朝の新町通の様子です。

こちら大船鉾。 Details »

祇園祭前祭宵山

祇園祭に行っていた訳ではないのですが、たまたまその期間に夜の外出が重なって。

Details »

延興寺窯

山陰仕入旅、最後は延興寺窯へ。

延興寺とは鳥取は岩美町の土地の名前で、おおよそ工房から見える辺りがその地域。 Details »

元湯温泉

鳥取滞在の翌朝は元湯温泉で早朝風呂です。

Details »

営業時間変更のお知らせ

本日15日(月・祝)は17:30閉店となります。

毎月の営業についてはトップページにありますカレンダーをご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

更科

山陰仕入旅、続いては晩ごはん。

お昼に魚をいただいたものの、続けて食べてもいいほどに山陰の魚介はおいしいです。

Details »

海の店ささき

温泉津から東へ移動する際によく利用しています食堂、海の店ささきでお昼ごはんです。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根は温泉津焼森山窯の品出しが完了しました。

種類豊富ですので、この度もアイテム名のみのご案内とさせていただきます。 Details »

やきものの里

森山窯を後にして温泉津やきものの里へ。

森山窯からは歩いて行ける距離です。 Details »

温泉津焼 森山窯

温泉津温泉からは森山窯へ。

恒例の買い付けです。 Details »

温泉津温泉 元湯

早朝、温泉津に到着。

港のこの風景を眺めてから目覚ましの湯へと向かうのがいつもの流れです。 Details »

台南微風

森山窯の品出し準備が整いつつありますので、随分と前のことにはなりますがそろそろ山陰仕入旅の様子を。

島根、鳥取へは京都で車を借りて向かっています。 Details »