使っているシーン

本日井上尚之展5日目です。

店頭に600枚以上も器があると悩まれる方も多いようです。

その中でも茶系か白系で迷われているシーンをよく目にするので使用例を。

昨晩の我が家のごはん。

井上さんの器に乗せたのは焼ささみのサラダ。

レタスの上に下味をして焼いたささみと、塩で焼いた玉ねぎ、ブラックオリーブを乗せてドレッシングで馴染ませたものです。

料理を乗せた時の印象どうでしょうか?

参考までに同じ料理を茶系の楕円皿でも。

盛る量にもよりますが、使う上では柄はそれほど考えなくてもいいと思っています。

器は食べることを楽しむための道具。

相性を考え過ぎなくても「好きだな」と感じる器を選ぶことが一番楽しくごはんが食べられるのではないでしょうかね。

家には様々な土地の器がありますが、それら同士の相性は考えず、個々の料理がおいしそうに見える器を選んでいます。

そうした集まりの方がいきいきして見えたりしますからね。

今回も多くの方にお祝いを頂戴してしまい、恐縮しております。

ありがたくいただき、私の朝のお茶時間がここしばらくは充実したものになりそうです。

こちらは上賀茂神社前の葵家やきもち総本舗のやきもち。

葵の紋が入った素敵なパッケージを開けると笹の葉の包みが。

そして蓋を開けるとぎっしり。

つぶあんの入った柔らかいお餅、これはひとつでは終われない味ですね。

私はお菓子皿を選ぶ時、丸いものは四角いお皿、四角いものは丸いお皿に乗せることが多いです。

その方がメリハリがついてよりおいしそうに見えるというのが持論。

ただこのやきもちは楕円の包みが印象的で、そのままのイメージを残して楕円皿にしてみました。

要は「気軽に」ということです。

【ロク2周年イベント】

小代焼ふもと窯 スリップウェアの器 井上尚之展

〜30日(月・祝)

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

祇園祭後祭山鉾建て

早朝の新町通の様子です。

こちら大船鉾。 Details »

祇園祭前祭宵山

祇園祭に行っていた訳ではないのですが、たまたまその期間に夜の外出が重なって。

Details »

延興寺窯

山陰仕入旅、最後は延興寺窯へ。

延興寺とは鳥取は岩美町の土地の名前で、おおよそ工房から見える辺りがその地域。 Details »

元湯温泉

鳥取滞在の翌朝は元湯温泉で早朝風呂です。

Details »

営業時間変更のお知らせ

本日15日(月・祝)は17:30閉店となります。

毎月の営業についてはトップページにありますカレンダーをご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

更科

山陰仕入旅、続いては晩ごはん。

お昼に魚をいただいたものの、続けて食べてもいいほどに山陰の魚介はおいしいです。

Details »

海の店ささき

温泉津から東へ移動する際によく利用しています食堂、海の店ささきでお昼ごはんです。

Details »

温泉津焼森山窯 入荷しました。

島根は温泉津焼森山窯の品出しが完了しました。

種類豊富ですので、この度もアイテム名のみのご案内とさせていただきます。 Details »

やきものの里

森山窯を後にして温泉津やきものの里へ。

森山窯からは歩いて行ける距離です。 Details »

温泉津焼 森山窯

温泉津温泉からは森山窯へ。

恒例の買い付けです。 Details »

温泉津温泉 元湯

早朝、温泉津に到着。

港のこの風景を眺めてから目覚ましの湯へと向かうのがいつもの流れです。 Details »

台南微風

森山窯の品出し準備が整いつつありますので、随分と前のことにはなりますがそろそろ山陰仕入旅の様子を。

島根、鳥取へは京都で車を借りて向かっています。 Details »