山陰仕入旅 島根編

Exif_JPEG_PICTURE

仕入旅2日目のお昼ごはんはいつもの道の駅湯の川で。

好みと分かると同じところへ繰り返し訪れるタイプでして、出雲での食事はこの道の駅か出雲そばの羽根屋さんかの二択です。

Details »

山田屋まんじゅう

Exif_JPEG_PICTURE

仲良くしていただいているご近所の方からの松山みやげ。

山田屋さんのまんじゅうです。

*読谷山焼北窯の赤絵皿を使用。 Details »

山陰仕入旅 鳥取編

Exif_JPEG_PICTURE

今回の仕入旅、終わってみると写真が少なかったのです。

と言いますのは、2日間通して人と会う時間に充てておりましたため。

Details »

白色の面取湯のみ

Exif_JPEG_PICTURE

昨日延興寺窯の入荷案内をしましたが、その中で取り上げたいものがありまして。

白色の面取湯のみ、3つに違いがあるのがお分かりになるでしょうか。 Details »

鳥取 延興寺窯入荷しました。

Exif_JPEG_PICTURE

今週始めに臨時休業をさせていただきまして、山陰へ買い付けに行って参りました。

その際に持ち帰った器、まずは延興寺窯の品出しを終えました。

Details »

常連の方々より

Exif_JPEG_PICTURE

相変わらずいただいてばかりの私ですが、当店によく足を運んでくださる方より。

はじめは Details »

たまきの最中

Exif_JPEG_PICTURE

ANDADURA山本さんからいただいた栃木土産。

宇都宮の和菓子屋さん「たまき」の最中です。

*読谷山焼北窯の赤絵を使用。 Details »

「ANDADURA展」終了しました。

Exif_JPEG_PICTURE

13日(土)から開催をしておりました「ANDADURA展」は本日19時で終了いたしました。

これだけ革のこと、財布のこと、ANDADURAのことを考えた時間は後にも先にもないだろうというくらいで。

Details »

「小銭を入れるところは?」

Exif_JPEG_PICTURE

「ANDADURA展」は残すところ明日1日となりました。

好評につき一旦品切れをしていた財布もお昼に届きまして、再び全型ご覧いただける状態に。

Details »

お断りからつらつらと

Exif_JPEG_PICTURE

「ANDADURA展」6日目を迎えましてここでお断りを。

21日(日)までの開催を見越して商品数を用意しておりましたが、ご好評につき本日現在で一旦売り切れている商品があります。 Details »

革のメンテナンス

Exif_JPEG_PICTURE

「ANDADURA展」5日目の本日は革のメンテナンスについて。

皮革のケア用品を製造しているドイツ、タピール社のオイルとワックスです。 Details »

Exif_JPEG_PICTURE

「ANDADURA展」4日目の本日は箱の話を。

ANDADURAの革製品は全てオリジナルの箱に入れてお渡しをしております。 Details »